FXの追証発生から強制決済・ロスカットまでの流れ

FXの追証発生から強制決済・ロスカットまでの流れ

FXの追証・強制決済・ロスカットは、なんとなく「ヤバイ」という雰囲気は感じるものの、「実際にどうなるか?」は分かりにくいですよね。

しかし、追証・強制決済・ロスカットは、取引を行っていれば、誰しも起こってしまう可能性がありますので、「どうなるか?」はしっかり理解しておきたいところです。

また、この3つは一つの流れの中で起こっていきますので、別々に覚えるよりも、一緒に覚えたほうが理解しやすいでしょう。

今回はFXの追証発生から強制決済・ロスカットまでの流れを解説していきます。

証拠金維持率について

追証・強制決済・ロスカットの解説の前に『証拠金維持率』について解説させていただきます。証拠金維持率は、追証・強制決済・ロスカットについて理解するうえで欠かせない言葉なので、合わせて押さえておいてください。

証拠金維持率(%)=有効証拠金(口座資金)÷必要証拠金

このように、必要証拠金に対して口座資金がどの程度の余裕があるのか?を表しているのが「証拠金維持率」です。

例えば、1ドル=100円の時。レバレッジ25倍で1万通貨取引する場合の必要証拠金は4万円です。

実際に口座資金が4万円ピッタリなら、証拠金維持率は「4÷4=100%」です。1万円の含み益で「5÷4=125%」となり、1万円の含み損で「3÷4=75%」となります。

そして、もし5万円の含み損になった場合、理論上では口座資金はマイナスになりますよね?(※ 4-5=-1万円)

もしこんな状況になってしまえば、トレーダーは借金を背負うことになります。顧客に借金を負わせてしまうのは、FX業者としても色々と面倒なので、避けたいと考えています。

そこで、そんなリスクを極力避けるためのルールが、今回解説する「追証・強制決済・ロスカット」なのです。

ですから、「追証・強制決済・ロスカット」の3つはなんとなく怖いイメージがありますが、実は顧客と業者の両方を守るためのシステムでもあります。

FXの追証発生から強制決済・ロスカットまでの流れ

追証とは?

追証(おいしょう)とは、レバレッジ取引で証拠金維持率が100%を下回った時に、業者から「追加で証拠金を入金してください」と促されることを言います。FXでは「マージンコール」、または「ロスカットアラート」とも呼ばれています。

例えば、1ドル=100円の時。

レバレッジ25倍で1万通貨取引する場合の必要証拠金は4万円ですが、含み損によって口座資金が4万円を割った時に、追証が発生してしまいます。

また、FXはレバレッジ25倍で取引が可能でも、本当に必要証拠金分だけしか入金しなかったら、取引した瞬間に証拠金維持率が100%を下回ってしまいます。

なぜなら、FXにはスプレッドがあるからです。たとえば、ドル円のスプレッドが1pipsの場合、1ドル=100円で買い注文が約定したとしても、決済レートは99.99円となります。
参照:FXのスプレッドの仕組み!なぜ広がる時があるの?

ですから、理論的には必要証拠金だけでの取引というのは、基本的には不可能です。

ただし、FX業者によっては追証を採用していない所もあります。また、100%以下ではなく、別の水準を定めているFX業者もあります。

この辺に関しては、利用しているFX業者の規約などをしっかり確認しておきましょう。

強制決済とは?

追証が発生すると「翌日の午前6時まで」のように、FX業者から入金期限が設定されます。

そして、そのまま入金されなかった時に、強制的にポジションを決済されてしまうのが『強制決済』です。

この入金期限もFX業者によって異なる場合がありますが、大体がその日の市場が閉まる時間帯(ニューヨーク市場が終わる時間帯)であることが多くなっています。

ロスカットとは?

追証発生後、さらに含み損が拡大して、証拠金維持率が一定の水準を下回った場合に行われるのが『ロスカット』です。ロスカットも強制決済と同じように、強制的にポジションが決済されます。

この一定の水準というのは、50%であったり20%であったりと、各FX業者によって異なります。トレーダー自身が変更できるところもあります。

ただし、ロスカットは絶対に発動するわけではありません。相場に急激な動きがあった場合には、ロスカットの発動が間に合わない時もあります。

最悪、口座資金がマイナスになってしまい、マイナス分がトレーダーの借金になってしまうこともあるのです。

ですから「ロスカットがあるから絶対に大丈夫」とは言えませんので、そういうリスクも受け入れて行うのがFXであるということを理解しておきましょう。

まとめ

今回はFXの追証発生から強制決済・ロスカットまでの流れについて解説してきました。

  • 追証:証拠金維持率が100%を割った時、業者から追加の入金を催促されること
  • 強制決済:追証の入金期限まで入金できなかった時に、ポジションが強制的に決済されること
  • ロスカット:証拠金維持率がある一定の水準を下回った時に、ポジションが強制的に決済されること

ただし、この辺のルールについては各FX業者で異なる場合がありますので、利用している業者の規約でしっかり確認しておいてくださいね。

次回は「FXのリスクの種類とリスク管理」について解説していきます。FXのリスクは含み損を抱えることだけではありませんので、それぞれを理解して、できることは対策していきましょう。
⇒ FXのリスクの種類とリスク管理について

サブコンテンツ

このページの先頭へ