「パターン戦略」の記事一覧

【FXクイズ】ローソク足・チャートパターン編

今回のFXクイズは「ローソク足・チャートパターン編」です。主に市場心理や取引の流れなどに関する内容なので、ちょっと難易度は高くなっています。ぜひ考えながら最後まで読んでみてください。

【FXのチャートパターン④】週明けの窓埋めトレード

「今やっている手法とは別に、もう一つ手法がほしい」という方にオススメなのが『週明けの窓埋めトレード』です。必ずエントリーできるわけではありませんが、早起きするだけでおいしいエントリーチャンスをゲットできるかもしれません。今回は週明けの窓埋めトレードについて解説していきます。

【FXのチャートパターン③】フラッグ・ペナント

「フラッグ」と「ペナント」はあまり見慣れない形ですし、「実際にどう取引していくのか?」も、ちょっと難しいですよね。今回はFXのチャートパターン解説の3つ目として、「フラッグ」と「ペナント」の基本から狙い方まで解説していきます。

【FXのチャートパターン②】ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーはなかなか現れない形ですよね。ですから、あえて狙う必要はないかもしれませんが、ヘッドアンドショルダーが形成される流れを知っておけば、複数あるパターンの一つとして狙っていけるようになります。今回はヘッドアンドショルダーの基本から狙い方まで、詳しく解説していきます。

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリー精度を上げる3つの方法

「ダブルトップ・ダブルボトム」はFXでよく現れるチャートパターンですが、勝ち続けるのはなかなか難しいですよね。そこで必要になるのが、絞り込むことです。エントリーしても良い形と見送るべき形を見極められれば、徐々にエントリーの精度も上がっていくでしょう。

【FXのチャートパターン①】ダブルトップ・ダブルボトム

「ダブルトップ」と「ダブルボトム」は、数あるFXのチャートパターンの中でも、最も現れやすい形です。この2つが狙えるようになると、取引のチャンスも大きく増えるでしょう。今回は「ダブルトップ」と「ダブルボトム」の基本から取引手法まで、詳しく解説していきます。

【FXのローソク足 パターン④】寄り付き坊主・大引け坊主・丸坊主

ヒゲがないローソク足を「坊主」と言います。ローソク足は「陽線」と「陰線」の2つ。ヒゲがないパターンは寄り付き(始値側)・大引け(終値側)・両方の3つなので、坊主は6種類に分かれます。今回はそれぞれの坊主が現れる相場の背景と、坊主の使い方について解説していきます。

【FXのローソク足 パターン③】毛抜き天井・毛抜き底

『毛抜き天井』は上げ止まった、『毛抜き底』は下げ止まったことを表す相場のサインです。パターンはいくつかありますが、そのサインの意味から考えると、実際に取引に活かせるパターンは2つしかありません。今回は毛抜き天井・毛抜き底の基本から使い方まで、詳しく解説していきます。

【FXのローソク足 パターン②】はらみ足と包み足の使い方

「はらみ足」と「包み足」は使い方が難しいですよね。形を覚えたつもりでも、いざチャートを見ると、どっちがどっちだったか分からなくなってしまう方も多いと思います。今回は「はらみ足」と「包み足」から相場の背景を読み取る方法と、実践的な使い方について解説していきます。

【FXのローソク足 パターン①】十字線から読む市場心理

たった一本で市場心理を読み取れるローソク足が『十字線』です。今回は、そんな十字線の4つのパターンと市場心理を解説していきます。後半では実際のチャート画像を使って、十字線の使い方も解説していますので、ぜひ一緒に考えながら読んでみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ