FXの資金管理法!リスクを一定に保つための3ステップ

FXの資金管理法!リスクを一定に保つための3ステップ

FXの資金管理って難しいですよね。「リスクを一定にしよう」と思っても、取引ごとに損切り幅を変えると、取引量をどう調整すれば良いのか?悩んでしまう方も多いと思います。

しかし、取引ごとの取引量は、順番に考えていけば、それほど難しくはありません。

今回はリスクを一定に保つための資金管理のやり方を、3つのステップに分けて解説していきます。

FXの資金管理法3ステップ

STEP1:リスクの上限を決める

最初に『リスクの上限』(許容できる損失)を考えます。この「損失」は、金額ではなく『%』で決めていきます。

つまり、口座資金が100万円あったとしたら、1トレードのリスクを単に1万円と考えるのではなく「1%だから1万円」と考えるようにしましょう。もし金額だけで考えてしまうと、負けた次の取引ではリスクが増えてしまいます。

例えば、口座資金が100万円で1万円負けたら、口座残高は99万円になります。次の取引でまたリスクを1万円とすると、「1/99>1/100」なのでリスクが増えていますよね。

しかし、リスクの上限を1%と決めておくと、「100万円の時は1万円まで、99万円の時は9900円まで」のように、口座残高が変わってもリスクを一定に保つことができます。

ですから、リスクを一定に保つためには、まずリスクの上限を『%』で決める必要があるのです。

STEP2:損切り幅を決める

次に「損切り幅」を決めます。

損切り幅の決め方は、それぞれの手法によって異なりますので、ここでは特にお伝えすることはありません。

STEP3:取引量を決める

最後に、リスクと損切り幅から「取引量」を決めていきます。計算式はこちらです。

『(口座資金×リスク÷損切り幅)×100』

【例1】
口座残高100万円、リスク1%、損切り幅20pips

(100万×1%÷20)×100=50000

この時の取引量は5万通貨になります。

【例2】
口座残高100万円、リスク2%、損切り幅20pips

(100万×2%÷20)×100=100000

この時の取引量は10万通貨になります。

【例3】
口座残高80万円、リスク1%、損切り幅15pips

(80万×1%÷15)×100≒53333

もちろんこのように割り切れないときもあります。ただし、リスクは上限で考えていますので、『53333通貨より低くてキリが良い通貨』として、実際の取引の際には5万通貨にするのが良いでしょう。

取引ごとにリスクを一定にするメリットとは?

「そもそも、なぜリスクを一定にしなきゃダメなの?」

このように思われた方もいるかもしれませんね。

リスクを一定にするメリットは、大きく分けて3つあります。

負け続けても生き残りやすい

メリットの1つ目が、負け続けた場合でも生き残りやすくなることです。

例えば、口座資金100万円で、100連敗してしまったとしましょう。

  • リスクを1万円で固定 ⇒ 100連敗後の口座残高は0円
  • リスクを1%で固定 ⇒ 100連敗後の口座残高は約36万6千円

100連敗というのは現実的ではありませんし、「1万円で固定」の場合は100連敗する前に証拠金不足で取引ができなくなります。

ただ、これを比較すると「リスクを1%で固定」にしたほうが、生き残りやすいのは明らかですよね。

効率良く資金を回していける

2つ目が、効率良く資金を回していけることです。

今度は、口座資金100万円、「損切り:利確=1:2」のトレードで100連勝した場合で考えてみましょう。

  • リスクを1万円で固定 ⇒ 100連勝後の口座資金は300万円
  • リスクを1%で固定 ⇒ 100連勝後の口座資金は約724万円

倍以上の結果になりましたね。

リスクを一定にすることは、負け続けた時だけではなく、勝ち続けた時にも大きなメリットがあるのです。

気楽にできる

ここまで『負け続けた場合』と『勝ち続けた場合』2つのメリットをお伝えしました。

おそらく「リスクを1万円で固定していても、途中で金額を変えるから大丈夫」と思った方もいるでしょう。しかし、金額を変えると言っても、いつ変えるのでしょうか?

ある程度減ったり増えたりしたら変えるつもりの方も多いと思いますが、実際にリスクの金額を変えるとなると、おそらくメンタルブロックがかかってしまいます。

例えば、10連敗して口座残高が90万円になった時。次の取引からリスクを9000円にすることができますか? きっと「もう1回くらい1万円でもいいじゃん」と思ってしまうのではないでしょうか?

逆に、5連勝して口座残高が110万円になった時も、次の取引からリスクを11000円にできるでしょうか? ビビってしまうかもしれませんし、面倒に感じて結局変えないかもしれません。

ですから、急に変えるとなると、なかなか変えにくいんですよね。

しかし、「リスクは1%」のように一定にしている場合は違います。なぜならリスクの金額が変わるのは当たり前だからです。

毎回のようにリスクの金額が変わりますので、急に金額が変わるという心理的な負担を感じなくても済みます。

つまり、リスクを%で一定にするのは面倒なようで、実は気楽に取り組めるやり方なのです。

  • 負け続けても生き残りやすい
  • 効率良く資金を回していける
  • 気楽にできる

これだけのメリットがあれば、リスクを%で一定にしない理由はありませんよね。

まとめ

今回は『FXでリスクを一定に保つための資金管理のやり方』について解説してきました。

  • STEP1:リスクを%で決める
  • STEP2:損切り幅を決める
  • STEP3:『(口座資金×リスク÷損切り幅)×100』

面倒に感じてしまうのは始めのうちだけです。毎回やっていれば、それが習慣となって当たり前になっていきます。

生き残るために、効率良く資金を増やすために、取引量で悩まないためにも、今回の内容を参考にしていただけると幸いです。

次回は「損小利大の取引を行う方法」について解説していきます。

損小利大が正解というわけではありませんが、損大利小よりも精神的に楽です。よろしければ合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ FXで損小利大の取引を行うための3つのルール

サブコンテンツ

このページの先頭へ