FXのスリッページとは?すべらないFX業者の選び方

FXのスリッページとは?すべらないFX業者の選び方

今回はFXのスリッページについて解説していきます。

スリッページは使われることが少ない言葉で、「すべる」のほうがトレーダーにとっては一般的ですが、その意味はしっかり覚えておきたいところです。

すべらないFX業者の選び方もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

FXのスリッページとは?

FXで売買取引が成立することを『約定』と言います。つまり、流れとしては「注文 ⇒ 約定」です。

そして、注文した価格で取引が成立せずに、約定した価格がズレてしまうのが『スリッページ』です。

このように価格がズレることから「すべる」とも言われているわけです。

ですから、よく「◯◯(FX業者)はすべりやすい」のような話を聞きますが、それは「スリッページが発生しやすい」ということを表しています。

スリッページ=不利とは限らない

「1ドル=100.01円で買い注文を入れたのに、100.02円で約定した」のような現象がスリッページです。

この場合は自分が買いたかった価格よりも高い価格で約定していますので、不利になっていますよね。

トレーダーのイメージとしては、このように不利に約定してしまうからこそ、「スリッページ=良くない事」と思いがちです。

しかし、実はスリッページは有利に発生することもあります。

「1ドル=100.01円で買い注文を入れたのに、100円で約定した」のように、注文した価格よりも安く買えることもあります。

とは言え、有利なスリッページが発生することは少ないです。やはりスリッページが発生する場合は、不利な場合が多いものです。

ですから、FX業者を選ぶ時には、なるべくスリッページが発生しない業者を選ぶに越したことはないでしょう。

すべらないFX業者の選び方

なるべくすべらないFX業者を選ぶには「約定率」に注目してみてください。約定率というのは、注文した価格でしっかり約定したかどうか?を表している割合です。

つまり、約定率が優秀な業者ほど、スリッページが少ないということです。

ただし、約定率は全てのFX業者で公開しているわけではありません。中には公開していない業者もあります。

しかし、公開している業者は「約定力に自信があるからこそ、公開している」とも考えられます。

ですから、約定率を公開していない業者は自分で確かめてみるしかありませんが、基本的にはそれほど優秀ではないと言えるでしょう。

スリッページが発生しやすい時

どんなに約定率が高い業者でも、スリッページが発生してしまうことはあります。その原因としては、主にこの4つです。

  • 流動性の低い通貨ペア
  • 流動性の低い時間帯
  • 要人発言や重要な経済指標発表前後
  • 突発的なテロ・天災・事件・事故が起こった時

ちなみにこのような時には、スプレッドも広がってしまう傾向があります。
参照:FXのスプレッドの仕組み!なぜ広がる時があるの?

ですから、スプレッドが普段よりも広がっている時は、スリッページも発生しやすい時と考えて、取引を控えたほうが無難でしょう。

まとめ

今回はFXのスリッページについて解説してきました。

  • スリッページ(すべる):約定した価格が注文価格とズレること
  • 全てのスリッページが不利になるとは限らない
  • すべらないFX業者を選ぶには「約定率」に注目すること
  • スプレッドが広がっている時はスリッページも発生しやすい

ですから、FXを選ぶ時には「スプレッド」「配信率」「約定率」の3つに注目してみることが選ぶポイントになります。

全てが理想通りの業者はないと思いますが、バランスの良い業者をいくつか申し込んで、実際に使いながら選んでみると良いでしょう。

次回は「pipsの意味や読み方」について解説していきます。こちらもFX特有の言葉ですので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ FXのpipsの意味や読み方について!pipsを使うメリットとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ