FXの仕組みと取引の流れ!始める前の予備知識

FXの仕組みと取引の流れ!始める前の予備知識

「FXをやってみたい!」と思っても、その仕組みや取引の流れは、イマイチ分かりにくいですよね。しかし、分かりにくいのも仕方がありません。誰しも初めてやるものは分からないのは当然です。

とは言え、予備知識があって始めるのと、何も知らないで始めるのでは、理解できるスピードも大きく変わってくるでしょう。

今回はFXの仕組みと取引の流れについて、詳しく解説していきます。

FXの仕組み

そもそもFXとは?

FXの正式名称は『Foreign eXchange』です。日本では「FX」と略されていますが、海外では「Forex」と呼ばれています。

また、日本語では『外国為替証拠金取引』と訳されており、投資対象は外国の通貨です。

たとえば、日本の「円」とアメリカの「ドル」のように日本と海外の通貨の取引はもちろんですが、「米ドル」とヨーロッパの「ユーロ」のように海外の通貨同士の取引も可能です。

ここで「海外の通貨なんて持っていないよ」と思われるかもしれませんね。

しかし、わざわざ自分で海外の通貨を調達する必要はありません。僕たちはFX業者に口座を開設さえすれば、海外の通貨を持っていなくても、取引ができるようになるのです。

FXは怖い?稼げる?

「証拠金取引」というのは、実際にかかる資金よりも、少ない金額で取引ができる仕組みです。

この仕組みはFXでも採用されており、このシステムの事を『レバレッジ』と言います。
参照:FXのレバレッジと必要証拠金の仕組みについて

巷では「FXは稼げる」、または「FXは怖い」と言われることがありますが、その理由がこのレバレッジにあります。レバレッジがあることで、1日で資金が倍になる可能性もありますし、逆に1日で全てを失うこともあるからです。

このようにFXに夢やリスクがあるのは事実ですが、正しい知識を身に付けることで、自分でリスクを管理できるようになります。

一攫千金を目指したくなる気持ちも分かりますが、その前にまずは正しい知識を身に付けて、相場の世界で生き残っていく事を考えていきましょう。

FX取引の流れ

取引は二者択一

FXの取引には「買い」「売り」の二種類しかありません。取引の流れも「買ってから売る」「売ってから買い戻す」の二種類だけです。

ですから、取引自体は非常にシンプルと言えるでしょう。

次からは具体的な取引の流れと合わせて、「利益」と「損失」の仕組みについても解説していきます。

買いから入った場合

1ドル=100円の時に買い注文を入れたとします。この場合は100円より価格が上がれば利益になり、下がると損失になります。

つまり、101円になると1円分が利益で、99円になると1円分が損失です。

ただし、FXの利益や損失は、決済注文を入れることで確定します。一時的に101円に上がったとしても決済しなければ利益を得ることはできません。その後99円まで下がって決済すれば、結局は1円分の損失になってしまいます。

ちなみに、決済する前に利益や損失が出ていることを「含み益」と「含み損」と言いますので、合わせて覚えておいてください。

売りから入った場合

今度は、1ドル=100円の時に売り注文を入れた場合で考えていきます。

売りの場合は買いとは逆になりますので、100円よりも価格が上がれば損失になり、下がると利益になります。

つまり、101円になると1円分が損失で、99円になると1円分が利益です。

ちなみに「なぜ、持っていないドルをいきなり売ることができるの?」と思われるかもしれませんね。

これが可能なのは、売り注文で入った場合には、一時的にFX業者からドルを借りて売っており、決済後に返しているという仕組みになっているからです。

もちろん実際に取引を行う際には、わざわざ借りて返すという手続きは不要です。買い注文と同じように、2回の注文だけで完結する仕組みになっています。

まとめ

今回は「FXの仕組みと取引の流れ」について解説してきました。

  • FXは日本や海外の通貨を取引する投資
  • レバレッジの仕組みによって、少ない資金で取引ができる
  • 取引の流れは「買ってから売る」「売ってから買い戻す」の二種類だけ
  • 買いから入った場合は、価格が上がれば利益、下がれば損失
  • 売りから入った場合は、価格が上がれば損失、下がれば利益

まずは、これがFXの基本となります。

では、実際に始める時には、どのようにすれば良いのか?
次回は「FXの正しい始め方」について解説していきますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 誰も教えてくれない、FXの正しい始め方

サブコンテンツ

このページの先頭へ